リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

リサーチ・アドミニストレーター協議会からのお知らせ

タイトル:文部科学省「大学トップマネジメント研修」第2回国内プログラム公開
セミナー

日時 : 2016年12月16日(金)14:00~17:40 (開場:13:15)

会場 : 政策研究大学院大学 1階 1AB会議室

詳細はこちら
http://scirex.grips.ac.jp/events/archive/161114_651.html

第2回国内プログラム フライヤー.pdf

大学発ベンチャー創出シンポジウム
     ~ベンチャーキャピタルと大学との協業に向けて~

日時 : 2017年1月23日(月)13:00~20:00

会場 : 東京大学弥生講堂 一条ホール

詳細はこちら
http://www.libertas.co.jp/venture/

大学発ベンチャー創出シンポジウム フライヤー.pdf

■開催概要
日時:2016年12月3日(土) 開場14:30、講演会15:00~18:10、懇親会18:10~19:00
会場:日本橋ライフサイエンスビル2階会議室(先着120名)
東京都中央区日本橋本町2-3-11、URL:https://www.nihonbashi-lifescience.jp
会費:参加費無料、懇親会費1,000円(寄付の状況により下がる可能性があります)
登録:UJAウェブサイトhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd0Tz-q8LZV_iZs0Ejff-RErqBk_ryjDGjgg6Cu7vPygI37JQ/viewform?c=0&w=1よりご登録いただけます。

産学連携・イノベーション推進担当者 各位

                     国立研究開発法人 科学技術振興機構
                           イノベーション拠点推進部

【開催のご案内】熊本震災復興支援事業「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」の開催について
                   

 当機構が実施する事業の推進におきましては、平素よりご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび、当機構では、本年4月に発生し、多大な被害をもたらした熊本地震の早期復興と、得られた教訓を全国の防災/産学連携の取り組みへ共有すべく、被災地熊本において「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」を開催いたします。
 現場の生の声を取り入れたプログラムに加え、復興に取り組む現地視察も予定しております。ぜひともご参加をご検討いただくとともに、関心を持ってくださいそうな関係者の皆様に広く展開していただけますと幸いです。

【ご参考】
  直前の11月28日(月)~29日(火)午前にかけて、同会場にて文部科学省主催「地域イノベーションシンポジウム2016 in 熊本」が開催予定です。

                 記

 期 間:2016年11月29日(火)~30日(水)
 会 場:メルパルク熊本 (熊本県熊本市中央区水道町14-1)
 参加費:無料(交流会:有料)
 主 催:国立研究開発法人 科学技術振興機構
 後 援:文部科学省、経済産業省、熊本県、熊本市、熊本大学
     全国イノベーション推進機関ネットワーク、独立行政法人 中小企業基盤整備機構、全国地方新聞社連合会(全て予定)
イベントHP http://www.jst.go.jp/tt/icf2016/

 <プログラム(概略抜粋)>
 (第1日目)
 11月29日(火)コーディネータフォーラム・交流会
 開会挨拶:濵口道成(科学技術振興機構理事長)
 来賓挨拶:文部科学省、蒲島郁夫(熊本県知事)、原田信志(熊本大学 学長)
 基調講演:秋冨慎司(防衛医科大学校 防衛教官 准教授)
            「災害医療を考える~禍福は糾える縄のごとし」
 事例紹介①:吉田和子(NPO法人りくカフェ理事)
       「人・出会い・絆-りくカフェ」地域の憩いの場を作りたい 
 事例紹介②:上石勲(国立研究開発法人 防災科学技術研究所気象災害軽減イノベーションセンター副センター長)     
       「熊本地震への防災科研の取り組み -生活再建支援と気象災害軽減-」
 被災地からの声
   ・府高隆(熊本県知事公室 政策調整監)「熊本地震からの復旧・復興について」
   ・松本泰道(熊本大学 理事・副学長)「産学官連携による熊本復興支援プロジェクトと地方創生」
   ・熊本県立宇土中学校・宇土高等学校、熊本県立熊本北高等学校、熊本県立第二高等学校
   登壇3校「熊本県 SSH校による発表」 
パネルディスカッション:「震災復興のための産学官連携ネットワーク」
        モデレータ:松本泰道(熊本大学 理事・副学長)
        パネリスト:池田哲也(熊本市政策局復興部復興総務課 主幹兼主査)
              大隈恵治(オオクマ電子株式会社 代表取締役社長)
             柿本竜治(熊本大学大学院先端科学研究部(工学系)
             エネルギー科学部社会基盤計画分野 教授・
             熊本大学学長特別補佐(熊本復興プロジェクト担当))
            松尾 洋(株式会社くまもと健康支援研究所 代表取締役)
            佐浦みどり(有限会社東北工芸製作所 常務取締役)
            佐々木淳(岩手県政策地域部科学ILC推進室 室長)
 閉会挨拶:後藤吉正(科学技術振興機構理事)
 交流会

 (第2日目)
 11月30日(水) 被災現場の視察
 熊本市内および近隣地域の被災状況と復興の現状視察を実施します。
 視察予定場所:熊本城周辺、熊本大学、益城町周辺

 【本イベントへのお申し込み】
 下記ホームページよりお申し込みをお願いいたします。
http://www.jst.go.jp/tt/icf2016/entry.html

 【本イベントに関する問い合わせ先】
 国立研究開発法人科学技術振興機構
 産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ

 電話でのお問い合わせ
  03-5214-7519(受付時間:平日10:00-17:00)
 メールでのお問い合わせ
  ttevent「at」jst.go.jp ★「at」を@にご変更ください。

  <地域イノベーションシンポジウム事務局>
  株式会社リベルタス・コンサルティング 担当:関、五十嵐
   〒102-0085 東京都千代田区六番町2-14 東越六番町ビル2階
   電 話:03-3511-2161(直)
   FAX:03-3511-2162
   専用メールアドレス:r-innovation@libertas.co.jp

平素より科学技術・学術政策研究所の活動に、御支援、御協力をいただきまして、感謝申し上げます。

さて、文部科学省科学技術・学術政策研究所では、当研究所における多様な研究成果を広く一般に御紹介することにより、より多くの方に政策研究に関心をもっていただくことを目的として、毎年、政策研究レビューセミナーを開催しております。
この度、第9回政策研究レビューセミナーを下記のとおり開催することといたしましたので、ご案内申し上げます。
詳細につきましては別添のチラシまたはレビューセミナーURLをご参照願います。

当セミナーへのご参加を希望される場合には、レビューセミナーURLよりお申し込み下さい。
なお、定員になり次第、参加登録を締め切りとさせていただきますので、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。


 レビューセミナーURL: http://www.nistep.go.jp/review2016

 お申込み締切:11月24日(木)


             記


○日 時: 2016年12月5日(月) 14:00~18:00(開場13:30)

○場 所: 文部科学省 第1講堂 (中央合同庁舎第7号館東館3階)

○プログラム:

14:00  主催者挨拶
      川上 伸昭  科学技術・学術政策研究所長

14:05  発表1 科学技術・学術政策研究所の取組と今後の方向性
      斎藤 尚樹  科学技術・学術政策研究所 総務研究官

14:15  発表2 イノベーション・システムの特徴と政策への示唆
         -第4回「全国イノベーション調査」統計報告より-
      伊地知 寛博 第1研究グループ 客員総括主任研究官
             成城大学社会イノベーション学部 教授

14:40  発表3 民間企業の研究活動とナショナル・システムにおける人材、知、資金の循環の動向
         -「⺠間企業の研究活動に関する調査」の調査結果より-
      富澤 宏之  第2研究グループ 総括主任研究官

15:05  発表4 博士人材のキャリアパス追跡 -現状と将来像-
      松澤 孝明  第1調査研究グループ  総括上席研究官
        科学技術に関する国民意識調査 -2015年ノーベル賞受賞、熊本地震調査-
      細坪 護挙  第1調査研究グループ  上席研究官

15:30  前半の質疑

15:50- (休憩)

16:05  発表5 科学技術イノベーション活動の一層の理解に向けた基盤室のチャレンジ
      福澤 尚美  科学技術・学術基盤調査研究室 研究員 
      村上 昭義  科学技術・学術基盤調査研究室  研究員

16:40  発表6 研究開発型大学等発ベンチャーの特定と解析
      新村 和久  第2調査研究グループ  上席研究官

17:00  発表7 科学技術の中長期発展を展望するフォーサイトプログラム
      横尾 淑子  科学技術予測センター  センター長補佐・上席研究官
      小柴 等   科学技術予測センター  研究員

17:25  全体の質疑

17:55  閉会・総括
      川上 伸昭  所長

18:20-情報交換会
※情報交換会への参加は、事前登録が必要です。セミナーへの参加申込み時にお申し込み下さい。参加費は、当日セミナーの受付にてお支払いいただきます。
※この情報交換会は、科学技術・学術政策研究所OB・OGによる懇親会「ナイステップな会」を兼ねております。
20161205第9回政策研究レビューセミナー.pdf

○参加申込みのお問合せ先:
 文部科学省科学技術・学術政策研究所 企画課(佐藤、福本)
 E-mail:review2016@nistep.go.jp

JSTでは毎年秋にサイエンスアゴラという科学と社会をつなぐ催しを開催しております。
「つくろう、科学とともにある社会」と題して東京お台場地域にて今年は11月3日~6日の4日間に渡って開催致します。

このサイエンスアゴラにて、JSTは「マイノリティ」をキーワードにイノベーションを考えるワークショップを開催致します。
今回は「多数派・主流派との違いを自覚でき、現状の当たり前に居心地の悪さを感じる人」、そんな気持ちを「社会に活かそう/活かしたいと思える人」、これを「マイノリティ」の定義とし、また、基調講演として浅川智恵子IBMフェローと吉川弘之JST特別顧問にご登壇いただきます。

         記

違和感が世界を変える-科学におけるマイノリティのススメ

開催日:11月5日(土)13:30~15:30 ※受付開始13:00
会 場:日本科学未来館 7階 会議室1
参 加:無料 ⇒ 参加登録URL: https://form.jst.go.jp/enquetes/agora2016_diversity
    事前申込み 定員 40名
   ※参加人数到達次第〆切とさせていただきますので早めの登録をお勧めします。
   ※ご登録時はご自身の「マイノリティ」要素についてお尋ねしております。
内 容:講演・グループディスカッション・パネルディスカッション
登壇者:基調講演 
    浅川 智恵子 日本IBM株式会社 東京基礎研究所 IBMフェロ-
    吉川  弘之 科学技術振興機構 特別顧問
    ファシリテーター
    井野瀬 久美惠 甲南大学文学部教授・日本学術会議副会長 
    狩野 光伸 岡山大学 医歯薬学総合研究科 教授・日本学術会議 若手アカデミー 副代表
主 催:科学技術振興機構(JST)
詳しくは下記企画webサイトをご覧下さい。
サイエンスアゴラ企画ページ:http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/ab_128/
JSTダイバーシティ推進HP:http://www.jst.go.jp/diversity/other/agora2016.html

シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) 広島大学ライティングセンター特別講演会「教育系英文学術誌の査読:編集者は何を見て、何を評価しているのか?」 (2016. 12. 08) 文部科学省「大学トップマネジメント研修」第2回国内プログラム公開セミナーのご案内 (2016. 12. 07) 筑波大学人文社会系 研究発信月間 ファイナルシンポジウム (2016. 12. 05) 大学発ベンチャー創出シンポジウム~ベンチャーキャピタルと大学との協業に向けて~のご案内 (2016. 12. 05) 【ご案内】電気通信大学シンポジウム「研究力強化に向けた組織的な連携の在り方」(12/2)のご案内 (2016. 11. 18) 第1回JFAST (Japan Forum for Asian Science and Technology)―アジアの科学技術イノベーションのための交流会―のご案内 (2016. 11. 10) 熊本震災復興支援事業「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」の開催について (2016. 11. 09) 第9回政策研究レビューセミナーの御案内について (2016. 11. 07) 【採用情報】京都大学リサーチ・アドミニストレーター募集中(書類締切:12月5日) (2016. 11. 07) ワークショップ「違和感が世界を変える-科学におけるマイノリティのススメ」のご案内 (2016. 10. 27) 京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム K-CONNEX セミナー 「若手研究者の研究力向上に向けて」のご案内 (2016. 10. 19) 産学官連携の未来がここにある!NIMS WEEK 2016のご案内 (2016. 10. 06) 筑波大学人文社会系 研究発信月間 (2016. 10. 06) シェア情報(組織会員アカウントによる情報掲出)のテスト (2016. 09. 15) 大学トップマネジメント研修公開セミナーのご案内 (2016. 09. 12) 科学技術情報情報の活用法&分析ツールを試そう! (科学技術情報連携・流通促進事業) (2016. 08. 17) シンポジウム「産学官による未来創造対話2016」(8月25日(木))のご案内 (2016. 08. 17) 【ご案内】「戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA)」の 平成28年度研究開発提案募集 (2016. 07. 27) 講演会「近未来への招待状 ~ナイスステップな研究者2015からのメッセージ~」(7月8日、7月22日)の御案内 (2016. 06. 10) 「大学内専門職の日米比較-リサーチアドミニストレーターを中心に-」東京大学大学院教育学研究科 大学経営・政策研究センター 2016 年度第 2 回公開研究セミナーのご案内 (2016. 06. 09) 【ご案内】 研究推進/支援担当者のための研修交流会等のご案内 (2016. 06. 07) JSPS「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」シンポジウム・公募説明会 (2016. 06. 02) シンポジウム「イノベーション創出を促進する大学の知的財産マネジメント~大学の成長とイノベーション創出の実現に向けて~」についてのご案内 (2016. 06. 02) 「研究者の英語をどのようにささえるか? -- 研究支援の立場から」第2回 学術英語学会 年次大会のご案内 (2016. 05. 07) 第2回広島大学研究力強化シンポジウムのお知らせ (2016. 03. 15) シンポジウム「産学官連携リスクマネジメントモデル事業シンポジウム」の開催のお知らせ (2016. 03. 09) (3月9日開催 東京大学) 国際連携研究で求められるスキルと役割に関するワークショップのご案内 (2016. 03. 05) (3月9日開催)大阪大学第3回学術政策セミナー  「これからの国立大学改革」 (2016. 03. 05) シンポジウム「地方創生に資する日本型イノベーション・エコシステムの構築に向けて」の開催のお知らせ (2016. 02. 16) 委託調査研究URAシンポジウム「大学の研究経営システムの確立に向けて~経営を担う人材、経営を研究の側面から支える人材の育成確保にどう取り組むか~」の開催のお知らせ (2016. 02. 16)
Tweet