NCURA発行のリサーチ・アドミニストレーションに関する概要を説明した冊子,「The Role of Research Administration」の翻訳版は事務局までお問い合わせください。
RA協議会第3回年次大会のホームページを公開しました。

http://www.rman.jp/meetings2017/

RA協議会年次大会実行委員会事務局の徳島大学 研究支援・産官学連携センター URA部門のWeb担当です。

この度、新たに、RA協議会第3回年次大会のHPを公開しました。年次大会についてのお知らせは、こちらのサイトで行いますので、ご確認いただきましたら幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

リサーチ・アドミニストレーター協議会からのお知らせ

 経済を再生させ国際的産業競争力の持続性を確保する上で、大学の教育研究活動の質的高度化が不可欠である。そしてその基盤を確立するためには、大学の財源を多様化し、大学の財政基盤を強固にすることが喫緊の課題として求められている。大学財務の安定化にもっとも有効な方法は、教育と研究に対する民間からの投資や寄付の拡大だという期待が高まっているのである。

 海外の大学の財務状況を見れば、「寄付」を獲得することが大学経営における重要な戦略になりつつある。一方で、日本における大学への寄付はほとんど進んでいない。これを増やし定着させる為に日本の大学が取り組むべきことは何か?寄附が日本の大学の教育研究活動及び科学技術イノベーションの活性化にもたらすインパクトはどのようなものか? 近年、英国において寄付収入を目覚ましく拡大させてきたユニバーシティー・カレッジ・ロンドン学長のMichael Arthur氏、東京大学第28代総長として早くから日本の国立大学に対する寄附収入の拡大に注力をされてきた小宮山宏氏を迎え議論する。

日時:2017年9月27日(水)13:30〜18:05(開場:12:45)
会場:政策研究大学院大学1階想海樓ホール(アクセス:http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/
参加費:無料(事前登録制)

[プログラム]
13:30-14:10 主催者挨拶・講師紹介
14:10-15:20 講演:Michael Arthur氏(ユニバーシティーカレッジロンドン学長)
15:25-16:35 講演:小宮山宏 氏(東京大学第28代総長、ジャパントレージャーサミット代表理事)
16:45-18:05 パネルディスカッション
 (パネリスト)
  Michael Arthur 氏、小宮山宏 氏
  モデレーター:上山隆大(内閣府総合科学技術イノベーション会議議員)

参加申し込み:登録フォーム/Registraion Form(https://krs.bz/scirex/m?f=115
申し込み締切:9月25日(月) 正午
※参加費は無料です。なお、申込みは定員に達し次第、締め切らせていただきます。
※登録フォームからお申込いただけない場合は、下記内容を明記の上、「大学トップマネジメント研修」事務局(ttm-ml@grips.ac.jp)までメールにてお申し込みください。(*は必須項目。)
1.お名前*、
2.ふりがな、
3.ご所属*、
4.お役職、
5.ご連絡先(E-mail)*、
6.主催者からの関連イベントのメール配信の希望の有無*
イベントHP: http://ttm.grips.ac.jp/?p=206

フライヤー:170927_国内プログラムフライヤー(日).pdf

平素より大変お世話になっております。
文部科学省科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課でございます。

このたびは、文部科学省主催により開催するシンポジウム「オープンイノベーション共創シンポジウム」について、御案内申し上げます。

(趣旨)
産業構造や社会構造の変化等により、我が国の大学・国立研究開発法人や企業を取り巻く環境は大きな変革期にあり、今後、我が国が持続的に経済成長していくためには、組織外の知識や技術を積極的に取り込む「オープンイノベーション」を加速していく必要があります。
こうした中、平成28年11月、大学・国立研究開発法人が産学連携機能を強化するうえで参考となる「産学連携による共同研究強化のためのガイドライン」が策定され、今後、産学官による共同研究のより一層の拡大・深化が期待されるところです。
本シンポジウムでは、産学の各界からの有識者を招き、イノベーションの創出に欠かせない大学・研究開発法人の意義・役割を振り返るとともに、特色ある「組織」対「組織」の本格的産学連携を図るための好事例や取り組み方策の紹介を交えながら「オープンイノベーション」の在り方などについて議論を行います。

つきましては、以下に御案内するホームページから事前申込を受け付けておりますので、ご関心がおありの皆さまに広く御参加のほど、お願い申し上げます。


<オープンイノベーション共創シンポジウム>
  日  時:8月31日(木) 13:00~16:00
  場  所:東京ビックサイト会議棟1階 レセプションホールA
  主  催:文部科学省
  共  催:科学技術振興機構
  公式ホームページ:http://www.jst.go.jp/tt/mext/2017/
              (事前申込は↑ホームページからお願いします。)
 
0831開催_OI共創シンポジウム(文部科学省主催).pdf         


以下、同時開催の情報を御参考までお知らせします。


<JSTフェア2017 ~科学技術による未来の産業創造展~>
  日 時:8月31日(木) 9:30~17:30
      9月 1日(金)10:00~17:00
  主 催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
  場 所:東京ビックサイト 東4ホール
  参加費:無料(要事前登録)
  公式ホームページ: http://www.jst.go.jp/tt/jstfair2017/index.html

<イノベーションジャパン2017 ~大学見本市&ビジネスマッチング~>
  日 時:8月31日(木) 9:30~17:30
      9月 1日(金)10:00~17:00
  主 催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
      国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
  共 催:文部科学省・経済産業省
  場 所:東京ビッグサイト 東1・4ホール
  参加費:無料
  公式ホームページ: https://www.ij2017.com/outline.html

URAの皆様

JST未来社会創造事業についてリサーチ・アドミニストレーター(URA)からのご質問を受け付けています。

JST未来社会創造事業ではURA等との協働を通じて、研究者の研究活動を効果的に行う環境整備及び大学等の研究開発マネジメント強化等を活性化したいと考えています。

大学での研究費獲得の支援を行っているURAの方々(またはURAに準ずる研究公募支援等の活動をされている方々)におかれましては、研究者が作成した複数の提案書の内容を確認等する際に、どのような趣旨で提案書を記載すべきか等の疑問が生じた場合は前広にお問い合わせください。

より質の高い提案書を作成していただくための一助として、研究提案書に記載すべき内容や注意点など、可能な範囲※でアドバイスをさせていただきます。

※ただし、個別の提案内容や、その善し悪しの判断や相談は受けかねますこと、ご理解の上でお問い合わせ下さい。

なお、未来社会創造事業では、先般の説明会や随時頂いています電話やメールでの問い合わせ結果等を踏まえ、HPにて研究提案応募に関するFAQの更新をしていますので、ご参照ください。
http://www.jst.go.jp/mirai/jp/uploads/miraikoubo_faq.pdf

今後のJSTの未来社会創造事業の諸活動に活かす原資となるようなご意見等についても承ってございますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

 文部科学省 科学技術・学術政策研究所による講演会を、下記のとおり開催致しますので、御案内申し上げます。
 参加希望の方は、お手数ですが、下記の参加申込み別に御氏名・御所属を期限までに御登録ください。
 なお、会場の都合により参加者を調整させていただく場合がありますので、予め御了承ください。

                   記

 当研究所では、2005年より毎年、科学技術の振興・普及への顕著な貢献をされた方々を「ナイスステップな研究者」として選定しております。今年度は、昨年12月に「ナイスステップな研究者2016」として選定された方々から、優れた研究活動や、特色のある取組などについて、御紹介いただきます。

【第1回】
日時:2017年7月21日(金)9時30分~12時20分(受付開始9時00分)
場所:文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室(東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館16階)
講師及び演題:
 ○岩下 友美(NASA Jet Propulsion Laboratory Research Technologist III/(兼)九州大学大学院 システム情報科学研究院 客員准教授)
 「人影に着目した個人認証手法の提案と開発」
 ○末次 健司(神戸大学 理学研究科 特命講師)
 「キノコを食べる植物の不思議な生活」
 ○滝沢 研二(早稲田大学 理工学術院 准教授)
 「流体構造連成にかかわる研究領域を世界的に先導」
 ○山内 悠輔(University of Wollongong 教授/(兼)国立研究開発法人物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 グループリーダー)
 「無数の穴があいた無機ナノ材料の画期的合成手法の提案」

【第2回】
日時:2017年7月28日(金)14時00分~17時25分(受付開始13時30分)
場所:文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室(東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館16階)
講師及び演題:
 ○伊神 満(イェール大学経済学部准教授・MIT経済学部客員准教授)
 「創造的破壊と「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明」
 ○武部 貴則(横浜市立大学 准教授/(兼)シンシナティ小児病院 准教授(兼)国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ研究者)
 「iPS 細胞から「臓器の芽」を作製する培養手法の開発」
 ○平岡 裕章(東北大学材料科学高等研究所(AIMR)数学連携グループ教授・主任研究者)
 「数学理論から開発された位相的データ解析の材料科学への応用研究~複雑な物質構造を数学理論で解き明かす~」
 ○源 利文(神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 特命助教)
 「水を汲むだけの生物調査:環境DNAを用いて水中生物の種類や量を把握する技術の開発」


【第3回】
日時:2017年8月4日(金)14時00分~16時25分(受付開始13時30分)
場所:文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室(東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館16階)
講師及び演題:
 ○玉城 絵美(早稲田大学 人間科学学術院 助教/国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ研究者/H2L 株式会社 創業者)
 「コンピューターの信号で人の手を動かす装置「ポゼストハンド」の開発と、在学中起業」
 ○中川 桂一(東京大学大学院工学系研究科 医療福祉工学開発評価研究センター/(兼)バイオエンジニアリング専攻(兼)精密工学科 助教)
 「1 兆分の1 秒の世界を捉える世界最高速カメラ「Sequentially Timed All-optical Mapping Photography (STAMP)」を開発」
 ○広津 崇亮(九州大学大学院 理学研究院生物科学部門 助教/株式会社HIROTSU バイオサイエンス 代表取締役)
 「線虫の行動特性を利用した、高精度で簡便ながんの早期発見手法の開発及びベンチャー企業の設立による実用化の取組」

○講師略歴等
以下を参照願います。
<http://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/nicestep2016_press.pdf> 

○講演内容についてのお問合せ先:
科学技術・学術政策研究所 企画課(担当:葛谷、佐藤)
Tel:03-3581-2466
e-mail:seminar-pld-inquiry@nistep.go.jp

○講演会の参加申込み先:
科学技術・学術政策研究所 企画課(担当:福本・佐藤)
Tel:03-3581-2466
第1回URL: http://www.nistep.go.jp/n20170721 ※申込み締切り:2017年7月19日(水)17時
第2回URL: http://www.nistep.go.jp/n20170728 ※申込み締切り:2017年7月26日(水)17時
第3回URL: http://www.nistep.go.jp/n20170804 ※申込み締切り:2017年8月 2日(水)17時

ナイスステップな研究者2016講演会_リーフレット.pdf

 民間助成財団による助成金は、現在、全体としておよそ 1000 億円強と見込まれています(JFC2016 年調査による)。これらの助成金は、科学研究費補助金(科研費)をはじめとする国の競争的資金とは異なり、「民間」故の独自で多様な性格を有しています。
 一方、全国の大学や研究機関においては、近年「外部資金」への依存度を高めつつあり、これに関連する専門部署やセクションが其々に整備されつつあります。
 そこで、多くの民間助成財団等を会員とするJFCでは、大学や研究機関における研究推進/支援の業務に携わっておられる方々を対象に、民間助成金の獲得に向けた必要な知識や情報を提供すると共に、参加者相互の交流を目的とした研修交流会を表題の通り開催いたします。今回は、講義に続き<東レ科学振興会> の助成事業に関する報告も予定しています。皆様の今後の業務にとってはもちろん、助成を希望する教員や研究者の方々にとっても大いに参考となる内容です。ぜひ、ご参加ください。
研修交流会170803案内状.pdf

文部科学省 科学技術・学術政策研究所講演会「博士人材のキャリアパス多様化に向けたURAの可能性」(2017年6月29日14:00~16:00開催)のご案内

第5期科学技術基本計画でも指摘されていますように、現在、博士人材のキャリアパスの多様化が求められています。また、それと同時に、博士人材の活躍が期待される「職」の候補の一つとして、URA(University Research Administrator)について議論されています。URAの業務は広範に渡り、博士人材の専門性の活用が期待される業務も含まれています。本講演会では、(1)博士人材のキャリアパスとしてのURAの現状と課題についての認識の共有、(2)岡山大学等におけるURAとしての博士人材の活躍事例の御紹介などをもとに、URAが博士人材にとって魅力あるキャリアパスとなっていくための方策について検討してまいりたいと考えています。URAが博士人材のキャリアの選択肢として有望である可能性について皆様と共に考えることで、より多くの博士人材が、URAを進路の選択肢の一つとして考えてくださるようになるきっかけを作ることができるのではないかと考えております。

○ご案内のウェブサイト
http://www.nistep.go.jp/archives/32853

○講演会テーマ
「博士人材のキャリアパスの多様化に向けたURAの可能性」

○講演①:「URAの仕事と求められる能力の多様性」
NISTEP第2調査研究グループ上席研究官 荒木寛幸氏

○講演②:「URAとして働く際の博士人材の優位性:岡山大学を事例に」
岡山大学エグゼクティブアドバイザー・名誉教授 山本進一氏

○日時 :2017年6月29日(木) 14:00 ~ 16:00 (13:30開場)

○場所 :文部科学省 科学技術・学術政策研究所 大会議室
     東京都千代田区霞ヶ関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館16階

○講演会の参加申込み・講演内容についてのお問合せ
下記アドレス宛に、ご氏名、ご所属を添えてお申込みください。
尚、会場の都合により出席者を調整させて頂く場合があります。
【お申込み・お問い合わせの宛先】
科学技術・学術政策研究所 第1調査研究グループ(担当 椿)
TEL :03-3581-2395/FAX:03-3503-3996  E-mail:seminar-1pg@nistep.go.jp

○お申込みの締め切り
参加のお申込みの締め切りは6月22日(木)13時です。
講演会チラシ(配布).pdf
開催案内(配布2).pdf

シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) 【開催案内】JSPS・大阪大学 共催シンポジウム「人文学・社会科学研究振興に向けた制度設計・活用のこれから」 Research for Tomorrow's Society, Tomorrow for Younger Researchers(2017年11月8日開催) (2017. 09. 19) 『9月27日開催 文部科学省「大学トップマネジメント研修」公開セミナー』について (2017. 09. 15) 「UNITTアニュアル・カンファレンス2017」(9/8-9)のご案内 (2017. 07. 31) 『「オープンイノベーション共創シンポジウム」の開催について』のご案内 (2017. 07. 24) 「JST未来社会創造事業について」のお知らせ (2017. 07. 05) 『 講演会「近未来への招待状 ~ナイスステップな研究者2016からのメッセージ~」』のご案内 (2017. 07. 03) 研究推進/支援担当者のための研修交流会 「民間助成金の獲得に向けた留意点―民間助成財団と助成について―」のご案内 (2017. 06. 19) 第3回「科学者の不正行動に関する研究会」開催のご案内(7月7日) (2017. 06. 14) 【開催案内】 科学技術・政策研究所講演会のお知らせ (2017. 06. 02) 沖縄科学技術大学院大学(OIST)人材募集 (2017. 06. 02) 【6月16日開催】CoPURA第2回ミーティングを開催します (2017. 05. 25) 「プログラム・・マネージャー(PM)の育成・・活躍推進プログラム 平成29年度 研修生の募集について」のご案内 (2017. 05. 10) 京都大学URA成果公開シンポジウム2017「京大式〜研究力強化の本質」(2017年5月29日) (2017. 05. 08) 電気通信大学URA 共創プラットフォーム(CoPURA)キックオフのご案内 (2017. 04. 04) 「平成28年度研究開発評価シンポジウムの開催について」のご案内 (2017. 03. 15) シンポジウム「大学等の研究力・経営力の向上に向けて~大学等が求めるURAシステムの確立・強化にどう取り組むか~」のご案内 (2017. 03. 14) 「研究推進/支援担当者のための研修交流会」および「研究者のための助成金応募ガイド 2017」のご案内 (2017. 03. 01) 【3月11日開催】見える化シンポジウム2017 ~シミュレーションの価値~ (2017. 02. 21) 【開催案内】第3回広島大学研究力強化シンポジウム (2017. 02. 10) 第3回大学トップマネジメント研修セミナー「アジアにおける研究大学の展望」のご案内 (2017. 02. 10) 【H29.2.20開催】シンポジウム「分野を超えたデータサイエンスの広がり」 (2017. 02. 08) 文部科学省「大学トップマネジメント研修」第3回国内プログラム公開セミナーについて (2017. 02. 08) 「東京医科歯科大学産学連携研究センター 人材募集」について (2017. 02. 08) 【ご案内】未来を拓く地方協奏プラットフォーム 第4回成果報告会(2017年2月23日開催) (2017. 02. 06) 【開催案内】大阪大学 学術政策セミナー「IRの深化とIRとの共創」(2017年2月23日) (2017. 02. 02) 大阪大学URAメルマガvol.40「大阪大学URAシステム整備の『これまで』と『これから』、第1弾」(2017年1月発行) (2017. 02. 02) 【第1回科学技術イノベーション政策のための科学オープンフォーラム -エビデンスから考える未来社会への戦略とシナリオ-】のご案内 (2017. 01. 16) 【公募情報】金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構 URA募集中【募集締切:1月31日】 (2016. 12. 27) シンポジウム「未来創造対話in大阪2017」開催の御案内 (2016. 12. 27) URAワークショップ「大学等の個性を反映したURAシステムの確立に向けて」のご案内 (2016. 12. 22)
-->