RA協議会第3回年次大会のホームページを公開しました。

http://www.rman.jp/meetings2017/

RA協議会年次大会実行委員会事務局の徳島大学 研究支援・産官学連携センター URA部門のWeb担当です。

この度、新たに、RA協議会第3回年次大会のHPを公開しました。年次大会についてのお知らせは、こちらのサイトで行いますので、ご確認いただきましたら幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

リサーチ・アドミニストレーター協議会からのお知らせ

第3回大学トップマネジメント研修セミナー
「アジアにおける研究大学の展望」
----------------------------------------------------------
日時:2017年2月25日(土)13時〜16時10分
会場:イイノホールカンファレンスセンター( <https://www.iino.co.jp/hall/access/> https://www.iino.co.jp/hall/access/ ) RoomA1,2,3
主催:文部科学省、政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター
言語:日本語・英語(同時通訳あり)
参加費:無料(事前登録制)

[プログラム]
13:00-13:30 来賓挨拶・講師紹介
13:30-14:30 講演:Tan Choru Chuan(シンガポール国立大学学長)
14:40-16:10 鼎談
 (鼎談者:アルファベット順)
  安西祐一郎(日本学術振興会理事長)
  濵口道成(科学技術振興機構理事長)
  Tan Chour Chuan(シンガポール国立大学学長)
  モデレーター:上山隆大(内閣府総合科学技術イノベーション会議議員)
----------------------------------------------------------
基調講演者略歴:
Tan Chorh Chuan シンガポール国立大学学長
シンガポール国立大学(NUS)医学部長、保健省医療サービス部長を務めた後、2004年から2008年にかけてNUS Provost、その後、上級副学長として活躍し、2008年12月にNUS学長に就任。現在は、国立大学保健システム理事会の委員長を兼務する他、シンガポール科学技術研究庁(A *STAR)副議長、デューク-NUS大学院医学部運営委員会上級顧問、シンガポール通貨当局の取締役会メンバー等も務める。
Tan学長は、2000年に設立されたシンガポール・バイオメディカル・サイエンス・イニシアチブのリーダーでもあり、その業績が認められ2008年には国家科学技術賞を、また、2004年には厚生労働省の医療サービス局長として行政金勲章等、数々の賞を受賞。2008年からは、世界経済フォーラムのグローバル大学リーダーフォーラム(GULF)にメンバーとして参画し、2014年から2年間、GULFの議長も務めた。 2008年から2012年には10の主要研究集約大学のコンソーシアムである国際研究型大学連合の議長も務め、現在は環太平洋大学協会の運営委員会にも参加している。

参加申し込み: <https://krs.bz/scirex/m?f=110> 登録フォーム/Registraion Form(https://krs.bz/scirex/m?f=110 )(締切:2月22日(水) 正午)
参加費は無料です。なお、申込みは定員に達し次第、締め切らせていただきます。
※登録フォームからお申込いただけない場合は、下記内容を明記の上、下記問い合わせ先までメールにてお申し込みください。
1.お名前、
2.ふりがな、
3.ご所属、
4.お役職、
5.ご連絡先(E-mail)、
6.主催者からの関連イベントのメール配信の希望の有無
HP: <http://scirex.grips.ac.jp/events/archive/170120_688.html> http://scirex.grips.ac.jp/events/archive/170120_688.html
以上

皆様のお越しをお待ちしております。

タイトル:文部科学省「大学トップマネジメント研修」第3回国内プログラム公開セミナー

日時:2017年2月25日(土)13時〜16時10分

会場:イイノホールカンファレンスセンター(https://www.iino.co.jp/hall/access/ ) RoomA1,2,3

詳細はこちら
http://scirex.grips.ac.jp/events/archive/170120_688.html

第3回国内プログラムフライヤー.pdf


東京医科歯科大学産学連携研究センター 人材募集

【外部資金獲得の企画・立案・支援業務】URA、URAトレイニー

【大型産学連携の企画・立案・運営業務】URA

【知的財産に係る出願権利化・ライセンス業務】URA、URAトレイニー

【1.外部資金獲得の企画・立案・支援業務】

■仕事内容:外部資金獲得の企画・立案・支援

■応募資格:

⓵大学の研究シーズを把握し、外部資金(公的資金・民間企業)獲得に向けて、学内研究者と協力しながら、プロジェクトの企画立案、企画提案書の作成等が行える方(目安:公的資金の企画提案を自身で行い、獲得実勢の有する方やライフサイエンス(バイオ又は工学)のバックグラウンドを有している方を歓迎)

⓶外部資金獲得後のプロジェクトマネジメントを行える方

⓷大学の研究支援活動に熱意があり、協調性に富む方

■待遇・福利厚生: URA、URAトレイニー

【2.大型産学連携の企画・立案・運営業務】

■仕事内容: 大型産学連携の企画・立案・運営

■応募資格:

⓵大学の研究シーズを把握し、民間企業とのプロジェクトの企画・立案を行える方

(目安:民間企業の経営企画部門で3年以上の経験を積んでいること、

ライフサイエンス(バイオ又は工学)のバックグラウンドを有しているとより望ましい)

⓶産学連携またはオープンイノベーションにおける交渉及び契約の経験のある方

(外国企業等との交渉等に対応できるとより望ましい)

⓷大型プロジェクトの運営等マネジメントを行える方(目安:プロマネの経験がある方)

⓸産学連携活動に熱意があり、協調性に富む方

■待遇・福利厚生: URA

【3.知的財産に係る出願権利化・ライセンス業務】

■仕事内容: 知的財産に係る出願権利化・ライセンス業務

■応募資格:

⓵バイオ関連の発明への評価、出願戦略を行える方(目安:企業、特許事務所また大学の知財部門で3年以上の経験を積んでいること)

⓶発明者へのヒアリング、発明評価会議でのプレゼン、共同出願人との調整等を円滑に行える方

⓷技術移転活動(ライセンス等)における交渉及び契約の経験がある方

⓸英文の出願関係書類及び契約書に対応できる方

⓹産学連携活動に熱意があり、協調性に富む方

■待遇・福利厚生: URA、URAトレイニー

以下、三職とも共通

■勤務場所: 東京医科歯科大学 産学連携研究センター

■勤務時間: 8:30~17:15(うち休憩60分)

■休日・休暇: 土・日曜日、祝日、年末年始

■雇用期間:有期雇用 即日~平成30年3月31日(労使双方の合意があった場合、更新あり)

■給与・賞与: 「東京医科歯科大学特定有期雇用職員の就業に関する規則」に従う

・年棒及び通勤手当

・年棒は経歴等を勘案して決定(12分の1の額を毎月17日に支給)

・退職手当なし

■応募方法: 履歴書(写真付)・職務経歴書をご郵送願います。

連絡先にメールアドレス、携帯電話番号(連絡可能な時間帯)も記載してください。

■応募連絡先: 〒113-8510 文京区湯島1-5-45 3号館10階

東京医科歯科大学 産学連携研究センター

電 話:03-5803-4736 Email:tlo@tmd.ac.jp

応募期限:適任者が決まり次第締め切ります。

■ホームページ: http://www.tmd.ac.jp/tlo/index.html

平素よりお世話になっております。政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センターです。

本センターは、文部科学省が進める、科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業(以下「SciREX事業」という)の中核拠点として、研究成果の発信や多様な関係者が連携する場の設置など多くの役割を担っております。

平成23年度から開催されたSciREX事業は、事業開始後5年を経て、平成28年度より第2期フェイズが始まっており、政策立案に当たってのエビデンスに基づいた提言・提案や、様々なステークホルダーとの議論の場の構築、学際的取組・異分野連携の促進、研究成果の政策への実装、はますます重要となっております。

今般、政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センターでは、研究者や行政官、さらには、大学などで企画立案に携わる職員の参加をいただき、議論をするための場として、【第1回科学技術イノベーション政策のための科学オープンフォーラム -エビデンスから考える未来社会への戦略とシナリオ-】を開催することとなりました。

本フォーラムでは、今後の科学技術イノベーション政策を構想するため、関連する領域も含めた各省・機関での未来社会のビジョンや戦略、シナリオ構築の取組について現状を理解するともに、そのためのデータやエビデンスの活用、政府や各機関の能力構築、実際の政策や施策につなげて行くための課題などについて議論します。また、エビデンスに基づく政策形成の実現に向けて、具体的政策課題における取組や、データ・情報を政策形成や実施に活用した事例から見る課題、新たな科学技術と社会の関係の構築に向けた課題などについて、SciREXの成果や関連の取り組みを紹介しつつ、議論を深めます。

本フォーラムではエビデンスの政策(企画・計画)に活用のあり方や、データ接続、大学における研究リスクマネジメント、など様々なセッションが設けられており、大学や研究機関の皆様方におかれましては、是非ともこれらの課題に関する議論に参加いただき、多くのステークホルダー間による対話や、議論の活性化にご協力いただければありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

■日 時:平成29年1月24日(火)~25日(水)

■場 所:イノカンファレスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)

■アクセス:https://www.iino.co.jp/hall/access/

■主 催:政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター

■言 語:日本語

■参加費:無料(事前登録制)

■プログラム:以下URL参照

<https://conv.toptour.co.jp/2017/sti2017/home.html>

(基調講演:白石 隆 政策研究大学院大学長、科学技術イノベーション政策研究センター長
岸 輝雄 外務大臣科学技術顧問

(特別講演:福田 峰之 衆議院議員 自由民主党IT戦略特命委員会事務局長

「官民データ活用推進基本法が目指すビッグデータ社会」

(各セッション:角南 篤 政策研究大学院大学副学長、有本 建男(政策研究大学院大学教授)、森田 朗 国立社会保障・人口問題研究所所長 他)

■意見交換会:19:00~(会費制)

■参加申込: 以下URLより開催日前日まで申し込み可

http://www.scirex2015.tokyo/formJP.html

■お問い合わせ先

科学技術イノベーション政策のための科学オープンフォーラム事務局

東武トップツアーズ株式会社 東京国際事業部 (担当: 長久保、船矢、遠藤)

TEL: 03-5348-3500 / FAX: 03-5348-3799

連絡先メールアドレス:
scirex2017@tobutoptours.co.jp


詳細はこちら: JREC-IN https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D116121464&ln_jor=0
O-FSI Webサイト http://www.o-fsi.kanazawa-u.ac.jp/event/detail.php?id=233

 金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構(以下O-FSI)ではURAを募集中です。
 金沢大学は,平成19年度に全国に先駆けてURAを導入し,URAを中心とした研究支援体制の強化に努めてきました。本学のURAは全学を俯瞰しながら,研究者個人の競争的資金申請支援のみならず大学の戦略に基づき大型の競争的資金申請支援を中心とした業務を行います。さらに,本学ではURAを大学運営における重要な研究マネージメント人材と位置づけており,URAにも研究戦略の立案等に関与する機会が与えられています。
 今回の公募では本学の研究力強化を目的とする研究支援体制の更なる充実のため,分野を問わず,広くURAを募集します。
 これまでの研究経験を生かし,金沢大学でURAとして働いてみませんか?


【業務内容】
1. 本学の研究力強化に資する取り組みの企画立案
2. 競争的外部研究資金獲得のための支援
3. 上記を行うために必要な情報収集及び各種データ分析
4. その他必要な業務(申請書・報告書作成,アウトリーチなど)

【着任時期】
2017年4月1日

【募集期間】
2017年1月31日(火)17:00必着
詳細はJREC-IN,O-FSI Webサイトをご覧ください。

【お問い合わせ】
fsojimu@adm.kanazawa-u.ac.jp
920-1192 石川県金沢市角間町 金沢大学本部棟4階
金沢大学先端科学・イノベーション推進機構

シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) 【3月11日開催】見える化シンポジウム2017 ~シミュレーションの価値~ (2017. 02. 21) 【開催案内】第3回広島大学研究力強化シンポジウム (2017. 02. 10) 第3回大学トップマネジメント研修セミナー「アジアにおける研究大学の展望」のご案内 (2017. 02. 10) 【H29.2.20開催】シンポジウム「分野を超えたデータサイエンスの広がり」 (2017. 02. 08) 文部科学省「大学トップマネジメント研修」第3回国内プログラム公開セミナーについて (2017. 02. 08) 「東京医科歯科大学産学連携研究センター 人材募集」について (2017. 02. 08) 【ご案内】未来を拓く地方協奏プラットフォーム 第4回成果報告会(2017年2月23日開催) (2017. 02. 06) 【開催案内】大阪大学 学術政策セミナー「IRの深化とIRとの共創」(2017年2月23日) (2017. 02. 02) 大阪大学URAメルマガvol.40「大阪大学URAシステム整備の『これまで』と『これから』、第1弾」(2017年1月発行) (2017. 02. 02) 【第1回科学技術イノベーション政策のための科学オープンフォーラム -エビデンスから考える未来社会への戦略とシナリオ-】のご案内 (2017. 01. 16) 【公募情報】金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構 URA募集中【募集締切:1月31日】 (2016. 12. 27) シンポジウム「未来創造対話in大阪2017」開催の御案内 (2016. 12. 27) URAワークショップ「大学等の個性を反映したURAシステムの確立に向けて」のご案内 (2016. 12. 22) 第2回 科学者の不正行動に関する研究会 (2016. 12. 19) 広島大学ライティングセンター特別講演会「教育系英文学術誌の査読:編集者は何を見て、何を評価しているのか?」 (2016. 12. 08) 文部科学省「大学トップマネジメント研修」第2回国内プログラム公開セミナーのご案内 (2016. 12. 07) 筑波大学人文社会系 研究発信月間 ファイナルシンポジウム (2016. 12. 05) 大学発ベンチャー創出シンポジウム~ベンチャーキャピタルと大学との協業に向けて~のご案内 (2016. 12. 05) 【ご案内】電気通信大学シンポジウム「研究力強化に向けた組織的な連携の在り方」(12/2)のご案内 (2016. 11. 18) 第1回JFAST (Japan Forum for Asian Science and Technology)―アジアの科学技術イノベーションのための交流会―のご案内 (2016. 11. 10) 熊本震災復興支援事業「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」の開催について (2016. 11. 09) 第9回政策研究レビューセミナーの御案内について (2016. 11. 07) 【採用情報】京都大学リサーチ・アドミニストレーター募集中(書類締切:12月5日) (2016. 11. 07) ワークショップ「違和感が世界を変える-科学におけるマイノリティのススメ」のご案内 (2016. 10. 27) 京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム K-CONNEX セミナー 「若手研究者の研究力向上に向けて」のご案内 (2016. 10. 19) 産学官連携の未来がここにある!NIMS WEEK 2016のご案内 (2016. 10. 06) 筑波大学人文社会系 研究発信月間 (2016. 10. 06) シェア情報(組織会員アカウントによる情報掲出)のテスト (2016. 09. 15) 大学トップマネジメント研修公開セミナーのご案内 (2016. 09. 12) 科学技術情報情報の活用法&分析ツールを試そう! (科学技術情報連携・流通促進事業) (2016. 08. 17)
-->