NCURA発行のリサーチ・アドミニストレーションに関する概要を説明した冊子,「The Role of Research Administration」の翻訳版は事務局までお問い合わせください。
RA協議会第4回年次大会のホームページを公開しました。

http://www.rman.jp/meetings2018/

RA協議会年次大会実行委員会事務局の神戸大学 学術・産業イノベーション創造本部 学術研究推進部門のWeb担当です。

この度、新たに、RA協議会第4回年次大会のHPを公開しました。年次大会についてのお知らせは、こちらのサイトで行いますので、ご確認いただきましたら幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

リサーチ・アドミニストレーター協議会からのお知らせ

日時:平成30年12月6日(木)13:00~17:10(受付12:30)
会場:政策研究大学院大学 1階 想海樓ホール(アクセス:http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/
参加費:無料(事前登録制)
詳細はこちら http://ttm.grips.ac.jp/?p=910
(↑こちらのURLと添付のPDFファイルを掲載いただければ幸いです。)
【開催案内】第2回公開セミナー(181112).pdf

各位

東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN) より、下記の研究助成プログラム説明会のご案内を差し上げます。

皆様お誘い合わせのうえ奮ってご参加ください。
*事前登録制となっております。


〜 Human Frontier Science Program 説明会 〜


HFSP(ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム)は、最先端のライフサイエンス研究、ならびに、ライフサイエンスと異分野との融合研究を推進する国際的な研究助成プログラムです。
本HFSP説明会では、フランスにあるHFSPプログラムの実施主体である「国際HFSP機構」(HFSPO)の研究グラントご担当のかたから直々に助成内容をご説明いただくとともに、採択されやすい事例ならびに応募申請時におこしがちな失敗についてお話いただきます。また、採択された研究者からも貴重なご経験談をご紹介いただきますので、この機会を皆様どうぞご利用ください。

【日時】
2018年10月26日(金)10:00-12:00

【場所】
東京大学本郷キャンパス医学教育研究棟13階IRCNセミナー室

【登壇者】
水間英城(国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム機構 事務局次長)
Geoff Richards(国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム機構 研究グラント部門部長)
河西春郎(IRCN主任研究者/東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター構造生理学教授)
上田泰己(IRCN主任研究者/東京大学大学院医学系研究科 機構生物学専攻システムズ薬理学教授)

【対象】
ライフサイエンス分野を中心とした革新的、学際的研究を計画している研究者、
海外ポスドクを希望する若手研究者・大学院生、大学職員

【参加申込】
下記サイトにアクセスして下さい
https://goo.gl/forms/IjbWAF3aJCD1t2K73
*締切:2018年10月19日(金)
*定員50人に達し次第、受付を終了します。
*事前登録後に空席がある場合は当日参加もできます。

【お問合せ】
東京大学ニューロインテリジェンス国際研究機構
hfsp2018@ircn.jp

【ウェブサイト】
https://ircn.jp/archives/8020

<フライヤー 決定稿 ENG Final ver7.pdf>

科学技術振興機構(JST)の未来社会創造事業では、探索加速型および大規模プロジェクト型について、平成30年度研究開発提案の募集を開始いたしました。

募集の詳細はこちらから:
http://www.jst.go.jp/mirai/jp/open-call/research/h30/

[募集期間]:6月12日(火)~7月31日(火)
[お問い合わせ]:科学技術振興機構(JST)未来創造研究開発推進部
E-mail : kaikaku_mirai@jst.go.jp

未来社会創造事業は、科学技術により「社会・産業が望む新たな価値」を実現する研究開発プログラムです。経済・社会的にインパクトのある目標を定め、基礎研究段階から実用化が可能かどうか見極められる段階に至るまでの研究開発を実施いたします。

【詳細情報】 http://www.jst.go.jp/mirai/

平成30年度は、探索加速型として、既存4領域※に加え新たに共通基盤技術に関する領域を設定し、合わせて10の重点公募テーマにて募集いたします。
大規模プロジェクト型では、3つの新規技術テーマについて募集いたします。

尚、公募期間中には、募集説明会を、6月中旬より全国12都市で開催いたします。
また、募集案内ページでは、運営統括によるメッセージ動画の公開を行っておりますので、研究開発提案の参考としてください。

ご関心のある多くの方々のご提案をお待ちしております。

※既存4領域:「超スマート社会の実現」、「持続可能な社会の実現」、
       「世界一の安全・安心社会の実現」、「地球規模課題である低炭素社会の実現」

★本件に関するお問い合わせ先

科学技術振興機構(JST)未来創造研究開発推進部
E-mail:kaikaku_mirai@jst.go.jp

日時:2018年6月29日(金)13:00〜17:00(開場:12:30)
会場:政策研究大学院大学1階想海樓ホール(アクセス:http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/
参加費:無料(事前登録制)
詳細はこちら http://ttm.grips.ac.jp/?p=581
開催案内(第1回公開セミナー).pdf

 独立行政法人日本学術振興会(学振)は、平成30年4月に創設した学術情報分析センターにおいて分析業務等に従事していただく分析調査員(任期付・年俸制)の公募を行いっています。

 公募の詳細については学振ホームページの以下のサイトを御参照ください。
http://www.jsps.go.jp/saiyou/index4.html

シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) 【開催案内:文部科学省】大学トップマネジメント研修公開セミナー~研究大学の将来と課題~(12/6(木)開催) (2018. 11. 14) 信州大学COIアクア・イノベーション拠点 第6回シンポジウムのご案内《東京開催・12/21(金)》 (2018. 11. 09) 【ご案内】電気通信大学シンポジウム「ネットワークを起点とした異分野協働」(11/29)のご案内 (2018. 11. 06) GAPFREEプロジェクト(産学連携、創薬研究プロジェクト)、AMED矢口主幹より周知依頼 (2018. 10. 30) 【募集】京都大学学術研究支援室(KURA)  URA(特定専門業務職員)を募集(11/26締切) (2018. 10. 30) フォーラム:拡げよう、データライブラリアンの輪~オンライン講座「RDMサービスの設計と実践」の開発と試用~ (2018. 10. 10) 「Human Frontier Science Program 説明会」について (2018. 09. 28) 【文部科学省】リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会 (2018. 09. 25) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では助教(URAキャリアパス)(工学系主担当)を募集します。 (2018. 09. 21) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では国際学術広報主担当URA(教授・准教授・助教)を募集します。 (2018. 09. 21) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では農学系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 09. 21) 横浜国立大学先端科学高等研究院特任教員(助教)公募 (2018. 09. 21) 【海外URA組織年次大会参加報告】「第24回EARMA年次大会セッション企画・開催」(2018年4月16日〜18日、ブリュッセル)[京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学] (2018. 09. 18) 学術研究フォーラム第9回学術シンポジウム「オープンサイエンスの展開」 (2018. 09. 12) OIST人材募集(契約業務) (2018. 09. 10) 【教員採用案内】徳島大学 産学連携コーディネーター (2018. 09. 05) OISTクロスカルチャー奮闘記 質問募集!(RA協議会第4回年次大会) (2018. 09. 04) 【大阪大学URA公募】「研究データ分析による大学経営支援」を中心とした複数業務担当/ 准教授・講師・助教相当 (2018. 08. 09) 平成30年度「戦略的国際脳化学研究推進プログラム」に係わる公募(二次公募) (2018. 08. 08) 日本学術振興会(JSPS)任期付職員採用情報(広報) (2018. 08. 03) 【長崎大学】リサーチ・アドミニストレーター(URA)を募集します (2018. 08. 03) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では農学系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 07. 30) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では国際学術広報主担当URA(教授・准教授・助教)を募集します。 (2018. 07. 17) (更新)筑波大学URA公募情報 (2018. 07. 10) 【JST未来社会創造事業】平成30年度研究開発提案募集のお知らせ (2018. 06. 20) リサーチ・アドミニストレーター協議会スキルプログラム専門委員会 「資格認証ワーキンググループ」報告書の公開について (2018. 06. 19) 【開催案内:文部科学省】「大学トップマネジメント研修」公開セミナー~大学改革の行方~(6/29(金)開催) (2018. 06. 15) 日本学術振興会分析調査員の公募について (2018. 06. 15) 日本初4日間EUグラントトレーニング(7月9日~12日)東京・大阪 (2018. 06. 05) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では文系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 06. 04)
-->